ビブリア古書堂の事件手帖 第3話 『論理学入門』

 途中参戦なのですが、ドラマの

 ビブリア古書堂の事件手帖
 第3話 『論理学入門』


 を視聴しました (*´∇`*)  

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 ビブリア古書堂に、一冊の本が持ち込まれた。青木文庫から刊行された『論理学入門』だ。本を持ちこんだのは、ニット帽にサングラスを掛けた、少々怪しい雰囲気の男……。

 すぐに査定出来ると栞子は告げるが、男は急いでいる様子で、明日の4時に来るからそれまでに査定しておいて欲しい、と言って店を後にする。

 不思議に思いながら栞子が本の裏表紙を捲ってみると……そこには服役中の受刑者の私物に貼られる許可証が……。

 すると、たまたま店内にいた藤波が、物騒なことを言いだす。もしかしたら、彼は今騒がれている刑務所から脱走した殺人犯ではないのか……と。

 まさか……という空気に包まれた店内に、今度は一人の女性が入ってくる。彼女は、『論理学入門』を売りに来た男の妻だと名乗り、大輔が見ている前で、本を強引に持ち帰ってしまう。

 本を売りに来たのは男であって、彼女ではない。栞子に窘められた大輔は、本を取り返さなければ、と店を出ていくが―― 

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 STAFF

 原作 : 三上延
 脚本 : 相沢友子
 音楽 : ☆Taku Takahashi(m-flo / block.fm)&ARTIMAGE CREW

 CAST

 篠川栞子  : 剛力彩芽
 五浦大輔  : AKIRA
 志田肇    : 高橋克実
 藤波明生  : 鈴木浩介

 坂口昌志  : 中村獅童
 坂口しのぶ : 佐藤江梨子
 内山     : 遠藤要

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 3話目からの視聴ですが、途中からでも、さほど支障なく見られる内容でした (*´∇`*)

 謎の部分もわくわくしましたが、その中で描かれている人間ドラマがとにかく良かったです。

 テーマは、優しい嘘……でしょうか。互いの愛情が感じられて、ラストで、じん……ときました。

 私は原作未読なので、原作通りなのかは分からないのですが、原作を読んだ弟は、細かいところが変わっていて、原作とは全くストーリーの印象が違う……と言っていました。

 原作と比べてみると、面白いかもしれませんね。
 機会があれば、読んでみようと思います060.gif

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★






 >拍手
 ありがとうございます!!

by hiiragi-rikka | 2013-01-29 23:57 | ドラマ