<   2012年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

健康診断~結果。

 この前受けた健康診断の結果が届きました。
 結果は特に問題なし(`・ω・)ホッ

 でも、身長が減って体重が1Kg増えてました(爆)
 標準体重より低いので問題はないと思いますが……運動するかな(ノ´∇`*)

 そう言えば、アイシャドーを買いました。3年ぶりに( ̄▽ ̄;)ぉぃ
 4色のグラデーションだったのですが、1色無くなったので仕方なく。でなければ、あと半年は保ちそうでした……(*´ψψ`)マテ

 ……ガッツリメイクしないとはいえ、どうなのでしょうか(笑)

お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-06-30 00:00 | 日常

やっぱり子供は夢がある!!

 電車で聞いた小学校低学年くらいの子供たちの会話です。
 どうやら、『とっとこハム太郎』の話題のようでした(*´∇`*)

とっとこハム太郎でちゅ 1(第1話~第3話+特典映像) [DVD]

日本コロムビア


 女の子A
 「ハム太郎ってありえないよねー」

 女の子B
 「うん、ありえない」

 おやおや、最近の子供は夢がないですな……。

 女の子A
 「ヘルメットかぶってるハムスターなんて、いるわけないし」

 女の子B
 「そうそう」

 あれ。しゃべるハムスターありえないとか、そういう話じゃないんだ(笑)

 女の子A
 「だって、あんな小さいヘルメットあるわけないもん」

 突っ込みどこはそこ!?( ̄▽ ̄;)

 女の子C
 「えー、ありえなくないよ!」

 女の子A・B
 「ありえないよ! ないもん、あんな小さいヘルメット!!」

 女の子C
 「あるよ!! 作ればいいじゃん!!」

 女の子A・B
 「どうやって~?」

 女の子C
 「紙で!」

 紙かいっ!!!

 いやー、やっぱり子供は夢がありますな。
 私たち大人も見習わなければなりません……(´∇`*)


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-06-29 00:39 | 日常

集金小話

 これは、大学の時のお話です(ノ∇`*)

 講義で使う教授の本を受講者は全員購入する……ということで、とりあえず先に教科書が配られました。そして後日、その教科書代の集金が行われたのですが……

 教授
 「では、この封筒を端からまわしていきますので、教科書代を中に入れてください。あ、お金を入れたら分かるようにちゃんと名前を書いておいてくださいね」

 当然、お金を入れた人は封筒に名前を書いてください……という意味でしたが、私は何を勘違いしたのでしょうか。隣に座っていた友達にこう尋ねました。

「え。名前を書くって、お金に?」

……大爆笑されました( ̄▽ ̄;)

まぁ、何ていいますか……。
私は固定概念に捉われない人なのです (((((( ̄ー ̄

お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-06-28 01:03 | 日常

血と薔薇

 劇場未公開作品の為、余り知られていない作品ですが……
 
 吸血鬼映画を1つ紹介したいと思います(*´∇`*)

 "VAMPIRE JOURNALS"で、邦題は『血と薔薇』です。ちなみに、中国語では『黒暗魔法書』です。黒魔術系の作品みたいですね(笑)違います、吸血鬼ものです(`・ω・)キリッ

Vampire Journals [VHS] [Import]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 音楽を愛する吸血鬼の長アッシュは、ピアニストのソフィアを気に入り仲間に引き入れようとする。
 吸血鬼であると同時に吸血鬼ハンターでもあるザカリーは、ソフィアを守ろうとするが――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : Vampire Journals
 製作年    : 1997年
 製作国    : アメリカ

 STAFF

 監督      : テッド・ニコラウ
 製作      : テッド・ニコラウ、カーク・エドワード・ハンセン、
            オアナ・ポーネスク、ヴラド・ポーネスク
 製作総指揮  : チャールズ・バンド
 脚本      : テッド・ニコラウ
 音楽      : リチャード・コジンスキー

 CAST

 アッシュ    : ジョナサン・モリス
 ザカリー    : デヴィッド・ガン
 ソフィア    : カースティン・セレ
 アイリス    : スター・アンドレフ
 カサンドラ   : イリンカ・ゴヤ

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 オープニングで流れる物悲しいピアノの主題が、とてもきれいです。古めかしくも、ダークで幻想的な雰囲気が良いですね(*´∇`*)

 そして、このピアノの旋律に合わせて白いドレスをひらひらさせながら、一人の女性が逃げてくるのですが……

 あわや吸血鬼の餌食に(>_<。

 と、何とも吸血鬼映画らしい始まりです。

 吸血鬼の長がヒロインに目を付けて、ヒーローが助けようとする構図もベタなのですが、そこが逆に好きです。影になって移動するシーンや吸血シーン等など、吸血鬼の描かれ方も王道です(`・ω・)

 キャラクターの中で、私は個人的にアッシュが好きです。あの危険な感じが何とも(笑) 吸血鬼の長としての存在感もあります。

 ハッピーエンド……とは言えないのですが、吸血鬼映画の中で結構お気に入りです^^
 
 これは日本版の媒体はあるのでしょうか……?
 英語版DVDを持っているので、日本語でも観てみたいのですが(;^^ゞ
 劇場公開もしていない作品のようですので、ない可能性が高いですね……。

 音楽がきれいなのでサントラもあればと思いますが、これもまた出ていなそうです……。

 もし機会がありましたら、是非観てみてください(*´∇`*)v

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 ※ その他の吸血鬼ものはこちらへ。

お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-06-27 00:03 | 映画

一体何処へ……

 昨日はコレを買ってきました……
b0219311_14348.jpg

 はい。見てのとおり、コンタクト用のケースです(^-^ゞ

 どういうわけか、下のこの部分
b0219311_145571.jpg

 のみ、一昨日行方不明にヽ(゚□゚\

 コンタクトの洗浄をしている途中、無意識に何処かに置いたのでしょうか。
 気付いたら蓋だけ手に持っていました( ̄▽ ̄;)

 でも、その間に立ち寄った部屋は自室と台所くらい。それなのに、いくら探しても見つからないのです…… オーイヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノオーイ

 もう、妖精さんが何処かに隠したとしか(;´∇`*ゞ

 そろそろ替え時だったから、自ら行方をくらましたのでしょうか。謎です……(^~^;

お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-06-26 01:06 | 日常

フライトナイト 恐怖の夜

 今日は"FRIGHT NIGHT"という吸血鬼映画を紹介します(*´∇`*)
 邦題は『フライトナイト 恐怖の夜』。日本では今年の1月7日に公開され、私は会社の後輩と1月10日に観に行きましたF995.gif ちなみに、字幕/3D版を観ました(`・ω・)

フライトナイト/恐怖の夜 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 高校生のチャーリーは、隣に越してきた青年・ジェリーが吸血鬼だと知ってしまう。近頃頻発している失踪事件も、実は彼の仕業だった。チャーリーはジェリーが吸血鬼だと母親に主張するが、一見好青年なジェリーに信じては貰えない。

 そこで、チャーリーはヴァンパイア・キラーとして知られるピーターの元を訪れる。しかし、それは表向きの顔で、本当のピ-ターは吸血鬼など信じてはいなかった。

 そうしている間にも、ジェリーの魔の手は刻一刻と迫り――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題         : FRIGHT NIGHT
 製作年       : 2011年
 製作国       : アメリカ

 STAFF

 監督         : クレイグ・ギレスピー
 製作         : マイケル・デ・ルカ、アリソン・ローゼンツワイグ
 製作総指揮     : レイ・アンジェリク、ジョシュ・ブラットマン、
               マイケル・ガエタ、ロイド・ミラー
 オリジナル脚本  : トム・ホランド
 脚本         : マーティ・ノクソン

 CAST

 チャーリー      : アントン・イェルチン
 ジェリー       : コリン・ファレル
 ジェーン       : トニ・コレット
 ピーター        : デイヴィッド・テナント
 エイミー       : イモージェン・プーツ
 エド          : クリストファー・ミンツ=プラッセ
 マーク        : デイヴ・フランコ
 ヴィクトリア     : リサ・ローブ
 ジンジャー      : サンドラ・ベルガラ

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 
 トム・ホランド監督・脚本の映画"FRIGHT NIGHT"(1985年)のリメイクです。隣に吸血鬼が越してくる……という設定はそのままですが、殆ど別物になっていました。コミカルさは一切取っ払われ、ホラーを前面に押し出したようなリメイクになっていると思います(*´∇`*)

 それから、一番変わっていたのはジェリーだと思います。オリジナルは優しい感じの好青年でしたが、今回のリメイクでは俳優コリン・ファレルを起用。前作のクリス・サランドン扮するジェリーも好きでしたが、リメイク版は何とも野性的な吸血鬼で、これはこれで良いのではないでしょうか(p≧∀≦q)〃

 しかし、今作の私の一番のお気に入りはピーター・ヴィンセントでした。彼のヘタレっぷりがもう……(笑)

 耽美系ヴァンパイアも良いですが、たまにはホラーなヴァンパイアもいいですね!!
 ホラーものとしては抑え気味なのかもしれませんが、私にはちょうど良かったです(o´∀`o) 最初から最後まで勢いがあり、中だるみもなく一気にエンドロールまで行っちゃいました。
 
 ……3Dで観る必要は余りないかな、と思いましたが(^-^ゞ

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 ※ その他の吸血鬼ものはこちらへ。

お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-06-25 00:40 | 映画

……チュウ!?

 営業のⅠさんにこんな話も聞きました(゜ロ\;

 Ⅰさん
 「みうさんって、営業仲間の間で○○チュウってあだ名で呼ばれてるよ。
 ピカチューな感じで^^」

 ※ ○○は私の本名(苗字)の中の二音。

 私
 「ちょっ!!∑(゚ロ゚; 」

 Ⅰさん
 「みうさん、営業の電話に出る時、○○でちゅーって言ってるよね^^」

 んなわけあるか ヽ(#`д´)ノ

 アニメ声とは言われるけど、断じて言ってないよぉ(⊃ω・`。)
 そのあだ名、撤回して欲しいんですが……(笑)

お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-06-24 11:30 | 日常

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

 私の好きな吸血鬼映画を1つ紹介します(*´∇`*)
 観られた方も多いかと思いますF9AF.gifF99B.gif

 タイトルは"INTERVIEW WITH THE VAMPIRE"
 邦題はそのまま『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』です。

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [Blu-ray]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 ライターのマロイは、興味深い話が聞けそうだとルイに目を付けて尾行した。彼の尾行に気付いていたルイだが、快くインタビューに応じてくれる。

 ―― So, What do you do?
     (職業は?)

 ―― I'm a vampire.
     (吸血鬼だ)

 そうして、ルイは自身の数奇な半生を語り始める。彼の運命を変えた1791年、ニューオリンズの農場主だった彼と、吸血鬼レスタトの出逢いの物語を――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : INTERVIEW WITH THE VAMPIRE
 製作年    : 1994年
 製作国    : アメリカ

 STAFF

 製作      : デビッド・ゲフィン、スティーブン・ウーレイ
 監督      : ニール・ジョーダン
 原作&脚本 : アン・ライス

 CAST

 レスタト    : トム・クルーズ
 ルイス     : ブラッド・ピット
 クローディア : キルスティン・ダンスト
 マロイ     : クリスチャン・スレーター
 アーマンド   : アントニオ・バンデラス
 サンティアゴ : スティーヴン・レイ

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 トム・クルーズ扮するレスタトが、危うくも美しい、魅力的な吸血鬼でした。彼なくしてこの作品はない、と思ったほどです(p≧∀≦q)〃

 そんなレスタトに翻弄されながらも、ブラッド・ピット扮するルイは生きる意味を模索します。

 背景美術や衣装が本当に素敵で、退廃的で何処か物悲しいヴァンパイアの世界にどっぷり浸かれます(*´∇`*)

 ルルルカップに出した『吸血鬼は月を愛でる』は、この映画の雰囲気から想起したところもあるかと思います。

 アントニオ・バンデラス扮するアーマンドはレスタトと同じくらい存在感がありました。ただ立っているだけで、鬼気迫るものがありましたが、最初観た時はアントニオ・バンデラスだとは気付きませんでした(^^ゞ

 インタビュー形式というのも斬新で面白いと思います。最後、ちゃんと意味がありましたし……(秘)

 興味を持たれましたら、是非観てみてくださいo(≧∀≦o)

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 ※ その他の吸血鬼ものはこちらへ。

お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-06-23 12:30 | 映画

スローペースでも……って!!

 この前、営業所に営業のⅠさん(♂)がいらっしゃいました(*´∇`*)
 営業さんは普段は営業に出られているので、顔を合わせる機会は意外と少ないのです。

 そしてこんな話を聞きました……(* ̄∇ ̄ゞ

 Ⅰさん
 「みうさんって一見小食そうだけど、実は飲み会で一番食べてるって話題になってるよ^^」

 私
 「なぬ ∑( ̄口 ̄*)」

 Ⅰさん
 「誰よりもスローペースなんだけど、ビールでふくれてみんな食べられなくなっている時でも、余ったから揚げを一人で片づけてくれてる、ありがたい存在だってF995.gifF99F.gif

 私
 「う、うれしくな――――――い!!! ヽ(`・ω・´)ノ 」

 その小さい身体の何処に収まってるのか、って知らんがな~っ!!

 全く、失礼しちゃいます└(*`⌒´*)┘笑

 お酒余り飲まないから、みんなよりも余裕があるだけだよ、
 ほんとだよ(´ノω;`)

お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-06-22 12:00 | 日常

ラビリンス 魔王の迷宮

 今日は私の好きな映画を1つ、紹介したいと思います(*´∇`*)

 タイトルは"LABYRINTH"

 1986年に製作されたアメリカの作品で、邦題は『ラビリンス 魔王の迷宮』です060.gif

ラビリンス 魔王の迷宮 [Blu-ray]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 夢見がちなサラは空想するのが大好き。お気に入りの小説『ラビリンス』のヒロインになりきって、公園でよく台詞を練習していた。

 そんなある時、継母と実父から留守番と異母弟トビーの子守を頼まれる。日頃、弟のトビーにばっかり構う両親に苛立っていたサラは、トビーが泣き止まないことで怒りが爆発。『ラビリンス』に登場する"おまじない"を口にしてしまう。

 "I wish the Goblins would come and take you away. Right now."
  (ゴブリンが今すぐ貴方を連れ去ってしまえばいいのに)

 すると、トビーの泣き声がぴたりと止み、ベッドを覗くとトビーの姿は何処にもない……

 魔王ジャレスがサラの願いを聞き届けて、トビーを自らの城に連れ去ってしまったのだ。
 愕然とするサラの前に、魔王ジャレスが現れる。トビーを返してとせがむと、彼は1つ条件を提示した。トビーを返して欲しくば、13時間以内に迷宮を抜けて魔王の城へ辿りついてみせろ……と。

 弟を救う為、サラは魔王の迷宮に足を踏み入れる――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : LABYRINTH
 製作年    : 1986年
 製作国    : アメリカ

 STAFF

 監督      : ジム・ヘンソン
 製作      : エリック・ラトリー
 製作総指揮 : ジョージ・ルーカス
 脚本      : テリー・ジョーンズ

 CAST

 魔王ジャレス : デヴィッド・ボウイ
 サラ       : ジェニファー・コネリー

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 小学生の頃、両親にビデオを買ってもらって観たのが出逢いでしたF99F.gif
 アメリカにいた時に買ってもらったので、当然中身は英語オンリー。゚(゚´⊃д・`*)゚。+。

 それでも必死に聞き取って、便箋に台詞を書き出して辞書を引き引き……(^_^;)
 我ながら、凄いはまりっぷりだったと思いますF9AB.gif

 デヴィッド・ボウイとジェニファー・コネリー以外のキャストは殆どマペットですが、それもこの作品の魅力の1つです(*^_^*)

 ジェニファー・コネリーの演技が自然でとても良いです。しかし、クリーチャーとのやりとりは、あとで合成しているところもあり、実際は殺伐とした空間で演技していたりするのですよね……メイキングを見て凄いな、と思いました(*^_^ゞ

 そして、デヴィッド・ボウイの演じる魔王ジャレスが、とても魅力的なキャラクターでした。この作品を見てファンになり、デヴィッド・ボウイのCDをたくさん買い集めました。この作品で流れる主題歌と挿入歌は、今でもお気に入りです(*≧▽≦)


 それにしても、私の描くヒーローは俺様?が多いかと思いますが、原点はこの作品かもしれません……(笑) それほど、私の人生に深く影響を与えた作品ですF99F.gif

 この作品のテーマは"友情"と"成長"だと思います。ところどころ、くすりと笑えるシーンもあり、間に挟まれるデヴィッド・ボウイの歌とダンスが見どころですF992.gif

  

 興味を持たれましたら、是非一度観てみてください(*´∇`*)v

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-06-21 17:15 | 映画