カテゴリ:映画( 37 )

フローズン

弟がリビングでDVDを観始めたので、私もそのまま見ちゃいました(^-^
タイトルは、"FROZEN"。邦題もそのまま『フローズン』です。

フローズン [DVD]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 スキー場に来たダン、ジョン、パーカーの3人は、吹雪になるという忠告を無視し、無理にリフトを動かしてもらう。夜になる前に最後の滑りを楽しもうとリフトで揺られていく3人。しかし、リフトに3人が乗っていることに気付かずに途中でリフトが止められてしまう。

 営業が再開されるのは一週間後……。

 地上まで15mの高さに取り残されてしまった3人。助けを呼びに行こうとダンは飛び降りることを決意するが――!!

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : FROZEN
 製作年    : 2010
 製作国    : アメリカ

 STAFF

 監督 / 脚本 : アダム・グリーン
 製作      : ピーター・ブロック

 CAST

 ダン・ウォーカー   : ケヴィン・ゼガーズ
 ジョー・リンチ     : ショーン・アシュモア
 パーカー・オニール : エマ・ベル
 シャノン        : ライリア・ヴァンダービルト
 ジェイソン       : エド・アッカーマン
 コディ          : ケイン・ホッダー

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 第36回サターンホラー映画賞にノミネートされたという本作……めちゃくちゃ怖かったです。舞台は殆どリフトの上で、次々と絶望的な状況に追い込まれていき、終始緊迫した空気が流れています。

 結構目を背けたくなるようなシーンもあり、なかなか映像は凄まじいですので、苦手な方はご注意を……私も見られなかったシーンがありました(゜ロ\;

 ずるをして安くリフトに乗るわけなのですが……ずるはいけないという教訓ですねF9AB.gif
 吹雪になるという忠告も無視……忠告はちゃんと利かないといけません><。
 そして、猛吹雪に狼に……自然を侮ってはいけない……ということを切々と訴えている映画だと思いましたF9AB.gifF9AB.gif

 モンスター映画よりも怖い映画でした…(^^; 

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-07-12 00:30 | 映画

血と薔薇

 劇場未公開作品の為、余り知られていない作品ですが……
 
 吸血鬼映画を1つ紹介したいと思います(*´∇`*)

 "VAMPIRE JOURNALS"で、邦題は『血と薔薇』です。ちなみに、中国語では『黒暗魔法書』です。黒魔術系の作品みたいですね(笑)違います、吸血鬼ものです(`・ω・)キリッ

Vampire Journals [VHS] [Import]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 音楽を愛する吸血鬼の長アッシュは、ピアニストのソフィアを気に入り仲間に引き入れようとする。
 吸血鬼であると同時に吸血鬼ハンターでもあるザカリーは、ソフィアを守ろうとするが――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : Vampire Journals
 製作年    : 1997年
 製作国    : アメリカ

 STAFF

 監督      : テッド・ニコラウ
 製作      : テッド・ニコラウ、カーク・エドワード・ハンセン、
            オアナ・ポーネスク、ヴラド・ポーネスク
 製作総指揮  : チャールズ・バンド
 脚本      : テッド・ニコラウ
 音楽      : リチャード・コジンスキー

 CAST

 アッシュ    : ジョナサン・モリス
 ザカリー    : デヴィッド・ガン
 ソフィア    : カースティン・セレ
 アイリス    : スター・アンドレフ
 カサンドラ   : イリンカ・ゴヤ

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 オープニングで流れる物悲しいピアノの主題が、とてもきれいです。古めかしくも、ダークで幻想的な雰囲気が良いですね(*´∇`*)

 そして、このピアノの旋律に合わせて白いドレスをひらひらさせながら、一人の女性が逃げてくるのですが……

 あわや吸血鬼の餌食に(>_<。

 と、何とも吸血鬼映画らしい始まりです。

 吸血鬼の長がヒロインに目を付けて、ヒーローが助けようとする構図もベタなのですが、そこが逆に好きです。影になって移動するシーンや吸血シーン等など、吸血鬼の描かれ方も王道です(`・ω・)

 キャラクターの中で、私は個人的にアッシュが好きです。あの危険な感じが何とも(笑) 吸血鬼の長としての存在感もあります。

 ハッピーエンド……とは言えないのですが、吸血鬼映画の中で結構お気に入りです^^
 
 これは日本版の媒体はあるのでしょうか……?
 英語版DVDを持っているので、日本語でも観てみたいのですが(;^^ゞ
 劇場公開もしていない作品のようですので、ない可能性が高いですね……。

 音楽がきれいなのでサントラもあればと思いますが、これもまた出ていなそうです……。

 もし機会がありましたら、是非観てみてください(*´∇`*)v

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 ※ その他の吸血鬼ものはこちらへ。

お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-06-27 00:03 | 映画

フライトナイト 恐怖の夜

 今日は"FRIGHT NIGHT"という吸血鬼映画を紹介します(*´∇`*)
 邦題は『フライトナイト 恐怖の夜』。日本では今年の1月7日に公開され、私は会社の後輩と1月10日に観に行きましたF995.gif ちなみに、字幕/3D版を観ました(`・ω・)

フライトナイト/恐怖の夜 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 高校生のチャーリーは、隣に越してきた青年・ジェリーが吸血鬼だと知ってしまう。近頃頻発している失踪事件も、実は彼の仕業だった。チャーリーはジェリーが吸血鬼だと母親に主張するが、一見好青年なジェリーに信じては貰えない。

 そこで、チャーリーはヴァンパイア・キラーとして知られるピーターの元を訪れる。しかし、それは表向きの顔で、本当のピ-ターは吸血鬼など信じてはいなかった。

 そうしている間にも、ジェリーの魔の手は刻一刻と迫り――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題         : FRIGHT NIGHT
 製作年       : 2011年
 製作国       : アメリカ

 STAFF

 監督         : クレイグ・ギレスピー
 製作         : マイケル・デ・ルカ、アリソン・ローゼンツワイグ
 製作総指揮     : レイ・アンジェリク、ジョシュ・ブラットマン、
               マイケル・ガエタ、ロイド・ミラー
 オリジナル脚本  : トム・ホランド
 脚本         : マーティ・ノクソン

 CAST

 チャーリー      : アントン・イェルチン
 ジェリー       : コリン・ファレル
 ジェーン       : トニ・コレット
 ピーター        : デイヴィッド・テナント
 エイミー       : イモージェン・プーツ
 エド          : クリストファー・ミンツ=プラッセ
 マーク        : デイヴ・フランコ
 ヴィクトリア     : リサ・ローブ
 ジンジャー      : サンドラ・ベルガラ

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 
 トム・ホランド監督・脚本の映画"FRIGHT NIGHT"(1985年)のリメイクです。隣に吸血鬼が越してくる……という設定はそのままですが、殆ど別物になっていました。コミカルさは一切取っ払われ、ホラーを前面に押し出したようなリメイクになっていると思います(*´∇`*)

 それから、一番変わっていたのはジェリーだと思います。オリジナルは優しい感じの好青年でしたが、今回のリメイクでは俳優コリン・ファレルを起用。前作のクリス・サランドン扮するジェリーも好きでしたが、リメイク版は何とも野性的な吸血鬼で、これはこれで良いのではないでしょうか(p≧∀≦q)〃

 しかし、今作の私の一番のお気に入りはピーター・ヴィンセントでした。彼のヘタレっぷりがもう……(笑)

 耽美系ヴァンパイアも良いですが、たまにはホラーなヴァンパイアもいいですね!!
 ホラーものとしては抑え気味なのかもしれませんが、私にはちょうど良かったです(o´∀`o) 最初から最後まで勢いがあり、中だるみもなく一気にエンドロールまで行っちゃいました。
 
 ……3Dで観る必要は余りないかな、と思いましたが(^-^ゞ

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 ※ その他の吸血鬼ものはこちらへ。

お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-06-25 00:40 | 映画

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

 私の好きな吸血鬼映画を1つ紹介します(*´∇`*)
 観られた方も多いかと思いますF9AF.gifF99B.gif

 タイトルは"INTERVIEW WITH THE VAMPIRE"
 邦題はそのまま『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』です。

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [Blu-ray]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 ライターのマロイは、興味深い話が聞けそうだとルイに目を付けて尾行した。彼の尾行に気付いていたルイだが、快くインタビューに応じてくれる。

 ―― So, What do you do?
     (職業は?)

 ―― I'm a vampire.
     (吸血鬼だ)

 そうして、ルイは自身の数奇な半生を語り始める。彼の運命を変えた1791年、ニューオリンズの農場主だった彼と、吸血鬼レスタトの出逢いの物語を――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : INTERVIEW WITH THE VAMPIRE
 製作年    : 1994年
 製作国    : アメリカ

 STAFF

 製作      : デビッド・ゲフィン、スティーブン・ウーレイ
 監督      : ニール・ジョーダン
 原作&脚本 : アン・ライス

 CAST

 レスタト    : トム・クルーズ
 ルイス     : ブラッド・ピット
 クローディア : キルスティン・ダンスト
 マロイ     : クリスチャン・スレーター
 アーマンド   : アントニオ・バンデラス
 サンティアゴ : スティーヴン・レイ

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 トム・クルーズ扮するレスタトが、危うくも美しい、魅力的な吸血鬼でした。彼なくしてこの作品はない、と思ったほどです(p≧∀≦q)〃

 そんなレスタトに翻弄されながらも、ブラッド・ピット扮するルイは生きる意味を模索します。

 背景美術や衣装が本当に素敵で、退廃的で何処か物悲しいヴァンパイアの世界にどっぷり浸かれます(*´∇`*)

 ルルルカップに出した『吸血鬼は月を愛でる』は、この映画の雰囲気から想起したところもあるかと思います。

 アントニオ・バンデラス扮するアーマンドはレスタトと同じくらい存在感がありました。ただ立っているだけで、鬼気迫るものがありましたが、最初観た時はアントニオ・バンデラスだとは気付きませんでした(^^ゞ

 インタビュー形式というのも斬新で面白いと思います。最後、ちゃんと意味がありましたし……(秘)

 興味を持たれましたら、是非観てみてくださいo(≧∀≦o)

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 ※ その他の吸血鬼ものはこちらへ。

お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-06-23 12:30 | 映画

ラビリンス 魔王の迷宮

 今日は私の好きな映画を1つ、紹介したいと思います(*´∇`*)

 タイトルは"LABYRINTH"

 1986年に製作されたアメリカの作品で、邦題は『ラビリンス 魔王の迷宮』です060.gif

ラビリンス 魔王の迷宮 [Blu-ray]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 夢見がちなサラは空想するのが大好き。お気に入りの小説『ラビリンス』のヒロインになりきって、公園でよく台詞を練習していた。

 そんなある時、継母と実父から留守番と異母弟トビーの子守を頼まれる。日頃、弟のトビーにばっかり構う両親に苛立っていたサラは、トビーが泣き止まないことで怒りが爆発。『ラビリンス』に登場する"おまじない"を口にしてしまう。

 "I wish the Goblins would come and take you away. Right now."
  (ゴブリンが今すぐ貴方を連れ去ってしまえばいいのに)

 すると、トビーの泣き声がぴたりと止み、ベッドを覗くとトビーの姿は何処にもない……

 魔王ジャレスがサラの願いを聞き届けて、トビーを自らの城に連れ去ってしまったのだ。
 愕然とするサラの前に、魔王ジャレスが現れる。トビーを返してとせがむと、彼は1つ条件を提示した。トビーを返して欲しくば、13時間以内に迷宮を抜けて魔王の城へ辿りついてみせろ……と。

 弟を救う為、サラは魔王の迷宮に足を踏み入れる――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : LABYRINTH
 製作年    : 1986年
 製作国    : アメリカ

 STAFF

 監督      : ジム・ヘンソン
 製作      : エリック・ラトリー
 製作総指揮 : ジョージ・ルーカス
 脚本      : テリー・ジョーンズ

 CAST

 魔王ジャレス : デヴィッド・ボウイ
 サラ       : ジェニファー・コネリー

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 小学生の頃、両親にビデオを買ってもらって観たのが出逢いでしたF99F.gif
 アメリカにいた時に買ってもらったので、当然中身は英語オンリー。゚(゚´⊃д・`*)゚。+。

 それでも必死に聞き取って、便箋に台詞を書き出して辞書を引き引き……(^_^;)
 我ながら、凄いはまりっぷりだったと思いますF9AB.gif

 デヴィッド・ボウイとジェニファー・コネリー以外のキャストは殆どマペットですが、それもこの作品の魅力の1つです(*^_^*)

 ジェニファー・コネリーの演技が自然でとても良いです。しかし、クリーチャーとのやりとりは、あとで合成しているところもあり、実際は殺伐とした空間で演技していたりするのですよね……メイキングを見て凄いな、と思いました(*^_^ゞ

 そして、デヴィッド・ボウイの演じる魔王ジャレスが、とても魅力的なキャラクターでした。この作品を見てファンになり、デヴィッド・ボウイのCDをたくさん買い集めました。この作品で流れる主題歌と挿入歌は、今でもお気に入りです(*≧▽≦)


 それにしても、私の描くヒーローは俺様?が多いかと思いますが、原点はこの作品かもしれません……(笑) それほど、私の人生に深く影響を与えた作品ですF99F.gif

 この作品のテーマは"友情"と"成長"だと思います。ところどころ、くすりと笑えるシーンもあり、間に挟まれるデヴィッド・ボウイの歌とダンスが見どころですF992.gif

  

 興味を持たれましたら、是非一度観てみてください(*´∇`*)v

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-06-21 17:15 | 映画

スノーホワイト

 『BLOOD-C』を観に行く予定でしたが、ものすごい嵐の為断念(><。

 でも、代わりに『スノーホワイト(字幕版)』を観に行きました(*´∇`*)
 家から歩いて行ける映画館で上映されていましたので072.gif

 3部作予定とのことですが、その1作目のお話と感想を紹介したいと思います(`・ω・)

【Amazon.co.jp限定】スノーホワイト Blu-ray & DVD スチールブック仕様(デジタルコピー付)(完全数量限定)

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 雪のように白い肌を持つ王女スノーホワイトは、民からも愛され幸せに暮らしていた。しかし、彼女の母である王妃が亡くなり、王が新しい王妃としてラヴェンナを迎えたことで悲劇は始まる。

 ラヴェンナは王を殺害し、弟のフィンと自らの軍隊を城内に引き入れて、王国を乗っ取ってしまったのだ。スノーホワイトも牢獄に幽閉され、全てはラヴェンナの思い通りになる。

 そしてある時、ラヴェンナは魔法の鏡に問いかけた。

 "Mirror, Mirror, on the wall, who is the fairest of them all"
 (鏡よ鏡、この世で一番美しいのは誰?)

 いつもはラヴェンナが一番だと答える鏡だが、この日は違う答えが返ってきた。

 "You are the fairest, but there is another destined to surpass you"
 (それは貴方ですが、それも今日限りです。貴方よりも美しく成長した娘が現れました)

 その娘がスノーホワイトだと聞いて憤慨するラヴェンナに、鏡は一つの救済を与える。

 "Consume her heart, and you shall live forever"
 (スノーホワイトの心臓を喰らえば、永遠の若さと美しさを手に入れることが出来るでしょう)

 ラヴェンナは、早速弟のフィンにスノーホワイトを牢獄から連れ出してくるように命じるが、スノーホワイトは隙をついて城から逃げ出してしまう。ラヴェンナの魔力の及ばない『闇の森』に逃げ込んだという情報を得たラヴェンナは、Huntsman(狩人)のエリックにスノーホワイトを探し出すように命じるが――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題        : Snow White and the Huntsman
 製作年       : 2012年
 製作国       : アメリカ

 STAFF

 監督        : ルパート・サンダース
 制作        : ジョー・ロス、サム・マーサー
 製作総指揮    : パラク・パテル、グロリア・ボーダース
 原案        : エバン・ダーカティ
 脚本        : エバン・ダーカティ、ジョン・リー・ハンコック、ホセイン・アミニ

 CAST

 スノーホワイト  : クリステン・スチュワート
 ラヴェンナ王妃  : シャーリーズ・セロン
 エリック      : クリス・ヘムズワース
 ウィリアム     : サム・クラフリン 

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 まず、映像が本当にきれいでした。+゚(*´∀`*)。+゚
 ラヴェンナが無数の烏に変じてバサバサっと空に飛び立つシーンなど、凄かったです。鏡の描き方も斬新で良かったです。溶け出してきて人型を成す描写は良いですね♪

 ストーリーの方は、良く知っている『白雪姫』に少しアレンジを加えた感じで、わりとストレートでした。ラストはアクションシーンのオンパレードで、戦う白雪姫は必見です(`・ω・)キリッ

 続編でどういう展開を見せるかは分かりませんが、今作のラブ面は薄目かな……? ラブシーンは殆どないので、そういった点では物足りない人もいるかもしれません(;^-^ゞ

 この作品の見どころは、とにかく映像美でしょう(p≧∀≦q)
 ラヴェンナの個性的な衣装の数々も見ていて楽しかったです。

 私は終始映像に魅せられっぱなしで、とても面白かったです。
 次回作が公開されたら、絶対観に行きます(*≧▽≦)v

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-06-19 23:50 | 映画

ダーク・シャドウ

昨日は会社の後輩と『ダーク・シャドウ』を観てきました(*´∇`*)

ジョニーはやっぱり最高でしたねF992.gif

以下、あらすじや感想をばF9AF.gif

ダーク・シャドウ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 時は1752年、水産業で成功したコリンズ家のバーナバスは、魔女アンジェリークの愛を受け入れなかったことで呪われてしまう。愛した女性ジョゼットは命を落とし、バーナバスは不老不死の吸血鬼にされた揚句、暗い柩に閉じ込められたまま生き埋めに。

 そして200年の歳月が流れ……

 偶然柩が掘り起こされたことで、彼は再びこの世に返り咲いた!!

 だが、200年の眠りから覚めて彼が見たものは、魔女アンジェリークによって没落したコリンズ家。状況を理解したバーナバスは一族の復興を誓い、動き出す。

 当然、魔女アンジェリークが黙って見ているわけもなく、200年の間に街を完全に支配していた彼女は、あの手この手でバーナバスを妨害しようとして――!?

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題             : DARK SHADOWS
 製作年           : 2012年
 製作国           : アメリカ

 STAFF

 監督             : ティム・バートン
 脚本             : セス・グラハム=スミス
 原案             : ジョン・オーガスト、セス・グラハム=スミス
 製作総指揮        : クリス・レベンゾン 、ティム・ヘディントン、ブルース・バーマン
 製作             : リチャード・D・ザナック、グレアム・キング、ジョニー・デップ、
                  クリスティ・デムブロウスキー、デビッド・ケネディ
 共同製作          : カッタリー・フラウエンフェルダー
 音楽             : ダニー・エルフマン

 CAST

 バーナバス         : ジョニー・デップ
 アンジェリカ        : エヴァ・グリーン
 エリザベス         : ミシェル・ファイファー
 ジュリア           : ヘレナ・ボナム=カーター
 ロジャー          : ジョニー・リー・ミラー
 キャロリン         : クロエ・グレース・モレッツ
 デヴィッド          : ガリバー・マクグラス
 ウィリー           : ジャッキー・アール・ヘイリー
 ヴィクトリア&ジョゼット : ベラ・ヒースコート

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 魔女アンジェリークによると実際には200年ではなかったようですが、永い間眠っていたバーナバスにとって、目覚めた世界は軽いタイムスリップ状態ですね……(笑)

 その辺りから生じるバーバナスの奇行を、もっとやって欲しかったですF99F.gif

 今回は字幕版を見ましたが、日本語訳だと多分ギャグが分かりにくいんじゃないかな、とも思いました。『カーペンターズ』と『大工』とか……ね。

 魔女とバーナバスのラブシーンは個人的に好きです(*´ψψ`)
 ヒロインが余り登場しなかったので、私としては魔女×バーナバスでも全然アリでした(笑)

 設定の説明がなかったり、唐突感があったり、主人公の殺人に至る理由付けがちょっと……なのですが、面白い要素もいっぱいあり、全体的にはとても楽しめましたF995.gif

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 ※ その他の吸血鬼ものはこちらへ。

お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-06-13 23:33 | 映画