カテゴリ:映画( 37 )

リング

 昔観た映画をこの前観直しました (ノ^-^)

 鈴木光司先生のホラー小説を映画化した『リング』です。

リング (Blu-ray)

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 何処から広まったのか、子供たちの間で囁かれている噂があった。それは、あるビデオを見たら「一週間後に死ぬ」というもの。

 テレビディレクターの浅川玲子は、番組の為に噂の真相を探っている最中、噂の呪いのビデオを入手し見てしまう。そうして呪いを受けてしまった玲子は、呪いを解く方法を探すべく、元夫の高山竜司に相談を持ちかける。最初は信じなかった竜司も玲子と同じようにビデオを見てしまい、呪いを解く方法を一緒に探すことになる。

 呪いのルーツを探っていくうちに、二人はある真実に辿りついた。

 呪いのビデオには、井戸に突き落とされて命を落とした女性≪貞子≫の怨念が込められていて――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : リング
 製作年    : 1998年
 製作国    : 日本

 STAFF

 監督   : 中田秀夫
 助監督  : 李相國
 脚色   : 高橋洋
 原作   : 鈴木光司
 音楽   : 川井憲次

 CAST

 浅川玲子   : 松嶋菜々子
 高山竜司   : 真田広之
 高野舞     : 中谷美紀
 山村敬     : 沼田曜一
 山村志津子  : 雅子
 大石智子   : 竹内結子

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 昔観た時も怖かった記憶ですが、今観直してもやっぱり怖かったです。日本のホラーって、独特の怖さがありますよね。風が吹いている音だけでも、怖いというような……。

 呪いのビデオは、夢に出てきそうな怖さでした。黒髪の女性……謎の男……そして、井戸。井戸って……それだけで怖いですよね。底が暗くて見えない、何が棲んでいてもおかしくない気がして(^^;

 そして衝撃のラスト。一度観てしまうと、ああ……という感じになるかもしれませんが、最初観た時は全く予想していませんでした。あのラストはとても好きです(笑)

 ストーリーはとてもシンプルで、そして……呪いの深さを痛感させられるラストも良かったです。

 そして音楽はあの川井憲次さんなのですね! 観直して気付きました。あの特徴的なズン、ズン、ズン……という音楽、それから怖いのに何処か悲しげで美しい音色……この作品にとても合っていると思いました。

 まだ観てないという方は、是非一度観てみてください (*´∇`*)

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-10-12 00:00 | 映画

ヴィドック

 今日は映画を紹介したいと思います v(^-^*)

 "Vidocq"、邦題は『ヴィドック』です。

ヴィドック [Blu-ray]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 1830年、パリの街ではある衝撃的なニュースが飛び交っていた。大泥棒から警察の密偵、私立探偵へと華麗なる転身を果たした英雄ヴィドックが、死んだというのだ。

 そんなある日、ヴィドックの相棒ニミエの前にエチエンヌという名の青年が現れる。彼は作家で、ヴィドックの依頼でヴィドックの伝記を執筆していたのだという。ヴィドックを尊敬していた彼は、ヴィドックの死の真相を解明したいと言い、ニミエに協力を仰ぐ。

 死の直前にヴィドックが調査していたというある事件。それは、落雷により2名が命を落としたという不可解なものだった。そして、事件の背後に見え隠れする犯人と思しき謎の男。男は、鏡の仮面を付けておりその素顔を見たものは誰もいない……。

 果たして、鏡の仮面の男の正体とは――

 ヴィドックの死の真相を解明する糸口があるのではないかと考えたエチエンヌは、早速事件の関係者たちに会いに行くが――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : Vidocq
 製作年    : 2001年
 製作国    : フランス

 STAFF


監督       : ピトフ
製作       : ドミニク・ファルジア
製作総指揮   : オリヴィエ・グラニエ
原作       : フランソワ=ウジェーヌ・ヴィドック
脚本       : ジャン=クリストフ・グランジェ、ピトフ
音楽       : ブリュノ・クーレ

 CAST

ヴィドック        : ジェラール・ドパルデュー
エチエンヌ・ポワッセ : ギョーム・カネ
プレア          : イネス・サストーレ 

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 絵画のような映画でした!!
 色彩豊かなパリの街並みが本当に綺麗で、まるで美術館巡りをしているようでした。

 鏡の仮面の男のアクションも華麗で、特にマント捌きが芸術的で思わず魅入ってしまいました。物語全体に漂う狂気は鳥肌ものでしたが(汗)、その芸術性に花を添えていたように思います。

 ヴィドックが主人公かと思いきや、序盤でいきなり死んでしまったのは衝撃的でした ∑(^^

 ところどころ、無理がある設定が多かったように思えましたが (^^; 、とにかくこの映像美を堪能する作品だと思いました!! とても面白かったです (*^_^*)

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-09-24 20:30 | 映画

映画 るろうに剣心

 今日は家族で映画を観てきました。

 『るろうに剣心』の劇場版です (`・ω・)v

るろうに剣心 豪華版〔初回限定仕様〕 [Blu-ray]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 幕末から明治へ変わり、新時代の幕開けとなった日本――

 <人斬り抜刀斎>と呼ばれた伝説の剣客・緋村剣心は、<不殺(ころさず)>の誓いを胸に逆刃刀を携え、各地を転々とする流浪人となっていた。

 東京に流れ着いた剣心は、<人斬り抜刀斎>の名を騙る何者かが辻斬りを繰り返し、<神谷活心流>の名を記した斬奸状を残していることを知る。剣心の流儀は<飛天御剣流>で<神谷活心流>とは何の関わりもない。<人斬り抜刀斎>の偽物は何の為に<神谷活心流>を騙るのか。

 <神谷活心流>の師範代・神谷薫は、亡き父の残した道場を守る為、無謀にも<人斬り抜刀斎>の偽物に挑もうとし、既の所で剣心に助けられる。

 同時期、巷では新型の阿片が猛威を奮っていた。実業家の武田観柳が、医者の高荷恵に新型の阿片を作らせ、儲けたお金で高額の武器を買い揃えていたのだ。そうすることによって、日本のみならず世界を牛耳ろうと目論んでいた。

 武田観柳の目論みを知った剣心は、観柳の屋敷へ乗り込むことを決意するが――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : るろうに剣心
 製作年    : 2012年
 製作国    : 日本

 STAFF

 監督      : 大友啓史
 製作総指揮  : ウィリアム・アイアトン
 原作      : 和月伸宏
 脚本      : 藤井清美 、大友啓史
 音楽      : 佐藤直紀

 CAST

 緋村剣心   : 佐藤健
 神谷薫     : 武井咲
 高荷恵     : 蒼井優
 明神弥彦   : 田中偉登
 相楽左之助  : 青木崇高
 鵜堂刃衛   : 吉川晃司
 外印      : 綾野剛
 山県有朋   : 奥田瑛二
 斎藤一     : 江口洋介
 武田観柳   : 香川照之  

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 まず、佐藤健さん扮する剣心の殺陣がとにかく凄かったです!! スピード感があり、人間離れしていて、まさに伝説の剣客でした。これでアクションシーンは一切CGを使っていないということなので、驚きです。

 平常時の物腰穏やかな雰囲気から、戦闘シーンでは一転して鬼気迫るものへと変わる様も良かったです。原作とは違うキャラクターでありながら、まさしく剣心という感じがしました!!

 次にストーリーですが、原作のエピソード「人斬り抜刀斎の偽物」「鵜堂刃衛の事件」「武田観柳と阿片」を混ぜ、更にオリジナル要素や変更点を加えていました。御庭番衆は残念ながら出てきません。設定は違いますが、般若面をかぶった男は出てきます。

 色々なエピソードを繋いでいるのに、全く不自然さはなく凄いと思いました。緩急のある展開で、最後まで魅せられっぱなしでした。本当に面白かったです (v≧∀≦)-☆

 原作を読んだことある方も、ない方も楽しめる作品だと思いますので、是非観てみてください060.gif

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-08-28 23:50 | 映画

アナザー Another

 今日は、公開中の映画『アナザー Another』を観てきました (`・ω・)キリッ

アナザー Another Blu-ray スペシャル・エディション

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 夜見山市の中学校に転校した榊原恒一は、クラスのある異常に気付く。クラスメートたちは皆、窓際の一番後ろの席に座る少女・見崎鳴を、あたかも存在しないかのように振舞うのだ。

 その異常な行動の影には、そのクラス――3年3組にしか存在しないある不可解な現象が深く関わっていた。

 ――気を付けて、もう始まってるかもしれない。

 そして、見崎鳴の言葉を皮切りに悲劇は始まる。3年3組の恐ろしい秘密とは一体何なのか――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : アナザー Another
 製作年    : 2012年
 製作国    : 日本

 STAFF

 監督 : 古澤健
 原作 : 綾辻行人
 脚本 : 田中幸子 、古澤健
 音楽 : 安川午朗

 CAST

 榊原恒一 : 山崎賢人
 見崎鳴   : 橋本愛
 千曳辰治 : 袴田吉彦
 三神怜子 : 加藤あい

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 原作本は未読なので、アニメのみを観た上での感想になります (*´∇`*)

 原作本やアニメ、漫画などで予備知識を得ていないと意味が分からないところがあるかもしれません。色々と説明が省かれている印象を受けました (;^-^ゞ

 例えば……

 冒頭の鳴が霊安室へ向かうシーンについては、全く説明がありませんでした (ノ^-^; 

 そして、「あること」ですが、実写では表現が難しいのもあると思いますが、最初からネタバレされていました。それは特に問題のない変更だと思います (´∇`*)

 アニメとは少し変わっていますが、大筋は大体同じでした。

 予告編では結構怖いイメージだったのですが、思ったより怖くなかったです。実際に起こったら怖いことだらけですが、映像表現は抑え気味だったと思います。ものすごく怖いホラーを期待して観ると、「あれ?」と思う方もいらっしゃるかもしれないです。私はどちらかと言うと、学園青春もの寄りに見えました。

 そして、次々と起こっていく惨劇ですが、物理的にあり得ないものもあったかも……(;^-^ゞ

 3年3組に起こるある現象は、アニメと……多分原作もそうなのではないかと思いますが、明確な理由はありません。いつから始まって、どうして始まったのかという事柄は勿論明かされますが、そういう現象がある、と断定的な描かれ方です。

 映画の未回収の伏線や、映画独自の終わらせ方を見ると、もしかしてこの理由を追及するような続編が公開されるのかな……? という気もします。

 最後に一言!(笑)

 見崎鳴役の橋本愛さんの眼帯姿が良かったです(*´∇`*) ミステリアスな雰囲気も出ていましたF994.gif

 こういうホラーものは大好きですので、原作本も読んでみようと思っていますF99B.gif

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-08-14 23:55 | 映画

催眠

 DVD観ました(*´∇`*) 
 最近洋画が多かったですが、今回は『催眠』という日本映画です060.gif

催眠 [DVD]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 奇妙な自殺が相次いだ。ある者は、幸せな結婚披露宴の最中自ら首を絞め、またある者は自宅の窓ガラスを突き破り、命を絶った。
 
 それぞれの事件にはある共通点があった。皆、命を絶つ直前に『緑の猿』という言葉を発し、その存在に怯えていたという。『緑の猿』とは一体何者なのか? 事件の真相を暴くべく、心理カウンセラーの嵯峨と櫻井刑事が動き出す。

 そして2人は、入江由香という解離性同一性障害を引き起こしている女性の存在を知る。奇怪な言動から彼女はテレビのワイドショーで見世物になっていたが、収録の最中、彼女は『緑の猿』と口にする。

 果たして、入江由香と事件の関係は――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : 催眠 
 製作年    : 1999年
 製作国    : 日本

 STAFF

 原作           : 松岡圭祐
 脚色           : 落合正幸、福田靖
 製作           : 柴田徹、原田俊明
 プロデューサー      : 櫻井武晴、濱名一哉、田上節朗
 美術           : 清水剛
 音楽プロデューサー   : 柴田新
 製作担当        : 金澤清美
 監督補          : 加門幾生
 助監督          : 手塚昌明

 CAST

 嵯峨敏也  : 稲垣吾郎
 入絵由香  : 菅野美穂
 櫻井孝典  : 宇津井健
 実相寺則之 : 升毅
 三井恵子  : 渡辺由紀
 倉石勝正  : 小木茂光
 井手利一  : 佐戸井けん太
 四方堂亘  : 水井則宗(ネズミ)

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


 原作は昔読んだことがありますが、私の記憶が確かなら映画は全く違うお話になっていました!!

 『緑の猿』という言葉が出てきたり、催眠をテーマにしている点では同じなのですが、ストーリーは殆ど別物ではないかと思います(`・ω・)

 初っ端から同時進行でいくつものシーンを描いたりと独特な作りでした(*´∇`*)
 催眠を巡る謎にドキドキしっぱなしでした。『自殺の謎』に行きついてからは特に緊張感が漂い、怖かったです。
 
 でも、最後の方で普通のオカルト的ホラーになってしまったのが、私としては少し残念だったかな……(^~^

 原作通りでも良かったんじゃないかな……
 とも思いましたが、こういう作品も好きです(*´ψψ`)

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-07-28 23:00 | 映画

キラー・アンツ 巨大殺人蟻の襲撃

 TSUTAYAさんで割引をやっていたらしく、弟がこの手のものをいっぱい借りてきたので、最近ほんとにモンスター映画ばかりですな(*´∇`;)

 今回は"Glass Trap"、邦題は『キラー・アンツ 巨大殺人蟻の襲撃』を観ました。

キラー・アンツ 巨大殺人蟻の襲撃 [DVD]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 とあるオフィスビルに運び込まれた大量の植物。そこに、プルトニウムによって巨大化した蟻が潜んでいた。土曜出勤していた人々を襲い、ビルは大パニックに――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : Glass Trap
 製作年    : 2005年
 製作国    : アメリカ

 STAFF

 製作総指揮 : アンドリュー・スティーヴンス
 監督      : フレッド・オーレン・レイ
 脚本      : リサ・モートン/ブレット・トンプソン

 CAST

 カーティス       : C・トーマス・ハウエル
 ジョーン・ハイスミス : ステラ・スティーブンス
 シャロン        : シリ・バラック
 エリザベス       : トレイシー・ブルックス・スウォープ 
 コリガン        : マーティン・コーブ

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 巨大蟻ですが……ペコペコしそうな素材で造形が可愛いです(笑) なのに凶暴で、恐ろしかったです(∀・;)

 女社長さんのキャラが一番立っていました。巨大蟻見ても落ち着いていて、ゴルフのパターで迎撃します∑( ̄▽ ̄ 

 いい人も悪い人も関係なく犠牲になっていくのは、見ていて辛かったです。ストーリーは余り起伏がないので、一定の緊張感を保ちつつ終盤まで行きます。

 清掃員のカーティスにもっと活躍して欲しかったな……。
 車泥棒という設定があるのに、その能力が生かされないのが勿体ないと思いました(^-^;

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-07-25 23:54 | 映画

プテラノドン

 最近モンスター映画ばかり観ていますが、今回は恐竜ものです(`・ω・)

 "PTERODACTYL"、邦題もそのまま『プテラノドン』です。

プテラノドン [DVD]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 古生物学者のマイケルは、大学の教え子たちを引き連れてティナラ山へ向かう。地震によってジュラ期の地層が現れたとの情報を得たので、その調査・研究の為である。

 しかし、彼らがそこで見たものは絶滅した筈の古代生物、プテラノドンだった――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : PTERODACTYL
 製作年    : 2005年
 製作国    : アメリカ

 STAFF

 監督 : マーク・L・レスター
 製作 : ダナ・デュボフスキー、マーク・L・レスター
 脚本 : マーク・セヴィ
 撮影 : ジョージ・ムーラディアン
 音楽 : ジョン・ディクソン

 CAST

 マイケル    : キャメロン・ダッド
 ケイト      : エイミー・スローン
 ベルゲン大尉 : クーリオ

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


 ラスト付近のネタバレあります!!(^^

 大学教授に生徒たちですが……驚くくらいに魅力的な人物がいません ∑( ̄▽ ̄
 最後まで、誰が主人公か分かりませんでした……(爆)

 彼らが調査に向かった先は、丁度米軍の特殊部隊とテロリストが抗争を繰り広げているところで、なんやかんやで合流することになります。

 そしてこの特殊部隊云々の設定ですが、全く必要性が感じられません (ノ≧▽≦;)

 そしてこれまた唐突に、最後の方で妙案を思い付きます。

 『そういえば、来る途中に羊がいたな』

 羊……?

 そんな描写は全くありませんでしたが(私が見落としてなければ)、何処から連れてきたのか次の瞬間羊を既にゲットしていました(早っ

 ロープの先に羊をくくりつけて、それを重しに崖から崖へとロープを張ります。そしてそのロープを伝って渡っていくのですが……

 一緒に見ていた母上と弟の会話です。

 母
 「え、だって羊だよね。ロープがピンと張っているのはどうして……?」

 弟
 「……すごく重い羊なんじゃない。それかどっかに引っ掛かってるんだよ(笑)」

 確かに、全くをもって不思議です(*´ψψ`;)

 突っ込みどこが多い作品でした((((^^ それでも、『メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス』に比べたら生ぬるいかもしれません(ノ≧▽≦*)

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-07-24 02:24 | 映画

ブラック・ウォーター

 弟が映画のDVDを借りてきたので、家族で観ました。

 "BLACK WATER"という作品で、邦題もそのまま『ブラック・ウォーター』です。

ブラック・ウォーター [DVD]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 北オーストラリアに旅行で来たリー、グレース、アダムの3人は、眼前に広がる雄大で美しいマングローブに胸を踊らす。川釣りをしたいというアダムの提案で、3人は川釣り体験ツアーに参加し、ガイドのジムと共に小さな船で川を上っていく。

 そして、良い釣り場に辿りついた3人は釣りを楽しもうとするが、突然船が何者かに転覆させられてしまう。慌てて陸地に上がろうとする彼らが目にしたものは、巨大なクロコダイルの姿だった――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : BLACK WATER
 製作年    : 2007年
 製作国    : アメリカ

 STAFF

 監督      : アンドリュー・トラウキ 、デヴィッド・ネルリッヒ
 製作総指揮  : ゲイリー・ロジャーズ 、ミシェル・ハリソン
 製作      : ジャーメイン・マコーマック=コス
 音楽      :  ラファエル・メイ

 CAST

 グレース : ダイアナ・グレン
 リー    : メイヴ・ダーモディ
 アダム  : アンディ・ロドレーダ

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 先日観た映画は巨大サメでしたが、今度は巨大ワニの登場です。こちらは大きいと言っても3mくらいなので、リアルに巨大です……。(あ、この前観たメガ・シャークのシリーズではありません^^)

 実話を元にして作られたとのことですが、めちゃくちゃ怖かったです( ̄口 ̄||)

 下はワニが潜んでいる川……安全な場所はマングローブの木の上。木を伝って逃げようと考えますが、広大な川が何処までも続いていて陸へ上がるのは絶望的。

 そして気配だけで中々姿を現さないワニ……全然出てこないので、見ている間ずっと心臓がバクバクいっていました(汗

 場面は殆ど動きません。ずっと川と木の上です。この変化に乏しい状況が、ワニ出現時の恐怖を引き立てるので、却って怖いですね。

 じわりじわりと恐怖が忍び寄る作品でした(><。

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-07-23 00:32 | 映画

メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス

 引き続き、テレビでやっていた海洋映画を観ました(*´∇`*)

 その名も"Mega Shark vs Giant Octopus"で、邦題もそのまま『メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス』です。

メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス [DVD]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 アラスカ沖のチュコト海で行われていた新型ソナーの実験で、クジラの群れが暴走し、海岸の氷壁に激突。その結果、中で眠っていた2匹の巨大生物が甦ってしまう!!

 何千万年の眠りから覚めたメガ・シャークとジャイアント・オクトパスが、大暴れ――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : Mega Shark vs Giant Octopus
 製作年    : 2009年
 製作国    : アメリカ

 STAFF

 監督  :  エース・ハンナ
 製作  :  ポール・ベイルズ
         デヴィッド・マイケル・ラット
         デヴィッド・リマゥイー
 脚本  :  エース・ハンナ
 撮影  :  アレクサンダー・イェレン
 音楽  :  クリス・ライデンハウア

 CAST

 エマ       : デボラ・ギブソン
 ラマー      : ショーン・ローラー
 シマダ・セイジ : ビック・チャン

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 色々な意味で凄かったです……( ̄▽ ̄

 中でも、巨大鮫が飛んでいる旅客機を撃墜させたシーンが一番印象的でした(汗
 やりすぎ感が半端なかったですね(笑)F9AB.gif

 実験シーン?では、色とりどりの液体の入ったビーカーの中身を移し替えたりしているだけで、一体何の実験をしていたのでしょうか(;´∇`*)

 そして、ヒロインとヒーローの唐突なラブシーン……どうしてああなった∑( ̄▽ ̄
 
 そして、そして、使いまわし映像の数々に、毎度既視感が……!!Σ(`・ω・*

 海中での戦いは何が行われているのか、良く分からず(^-^;

 日本なのに、日本人が1人もいない……等など。突っ込みどこ満載なのが、かえって面白いので……お勧めといえばお勧めです(笑)

 そしてショッキングなことに、続編があるもよう。その名も『メガ・シャークVSクロコザウルス』。今度は巨大ワニですか……(((( ̄▽ ̄

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-07-20 03:03 | 映画

ザ・デプス

 テレビで映画がやっていたので見ちゃいました……大分昔に観たことがある映画で懐かしかったですが、記憶の通り怖かったです(;´Д`)

 邦題は『ザ・デプス』で原題は"DEEPSTAR SIX"です。

DeepStar Six [DVD] [Import]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 深度1万メートルの深海に造られたアメリカ海軍基地"DEEPSTAR SIX"に、ミサイルの発射台を設置する為にクルー11名が集められた。

 作業は順調に進められていたかに思えたが、謎の巨大海中生物が現れたことによって、現場は大パニックに陥る――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : DEEPSTAR SIX
 製作年    : 1989年
 製作国    : アメリカ

 STAFF

 監督     : ショーン・S・カニンガム
 製作     : ショーン・S・カニンガム
           パトリック・マーキー
 製作総指揮 : マリオ・カサール
           アンドリュー・G・ヴァイナ
 原案     : ルイス・アバナシー
 脚本     : ルイス・アバナシー
           ジョフ・ミラー
 音楽     : ハリー・マンフレディーニ

 CAST

 フィリップ・ラドロー       : グレッグ・エヴィガン
 ナンシー・エヴァーハード   : ジョイス・コリンズ
 シュナイダー           : ミゲル・ファーラー
 スカーペリ            : ニア・ピープルズ
 ジム・リチャードソン       : マット・マッコイ
 Dr.ダイアン・ノリス       : シンディ・ピケット
 Dr.ジョン・ヴァン・ゲルダー : マリウス・ウェイヤーズ
 ブルシアガ            : エリヤ・バスキン
 ジョニー・ホッジス        : トム・ブレイ
 オズボーン            : ロン・キャロル

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 監督が『13日の金曜日』に携わった方とのことで……海洋ホラーです。昔の映画なのでミニチュア撮影ですが、今見ても私はかなり怖かったです(´Д`A)

 『エイリアン』の海ver.という感じで、海中生物も魚というより怪物ですねF9AB.gif 蟹っぽい感じのF9AB.gif 

 王道展開のB級ホラー映画ですが、怪物よりも他のところが怖いと思います(((><

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2012-07-18 23:50 | 映画