カテゴリ:ドラマ( 3 )

ビブリア古書堂の事件手帖 第3話 『論理学入門』

 途中参戦なのですが、ドラマの

 ビブリア古書堂の事件手帖
 第3話 『論理学入門』


 を視聴しました (*´∇`*)  

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 ビブリア古書堂に、一冊の本が持ち込まれた。青木文庫から刊行された『論理学入門』だ。本を持ちこんだのは、ニット帽にサングラスを掛けた、少々怪しい雰囲気の男……。

 すぐに査定出来ると栞子は告げるが、男は急いでいる様子で、明日の4時に来るからそれまでに査定しておいて欲しい、と言って店を後にする。

 不思議に思いながら栞子が本の裏表紙を捲ってみると……そこには服役中の受刑者の私物に貼られる許可証が……。

 すると、たまたま店内にいた藤波が、物騒なことを言いだす。もしかしたら、彼は今騒がれている刑務所から脱走した殺人犯ではないのか……と。

 まさか……という空気に包まれた店内に、今度は一人の女性が入ってくる。彼女は、『論理学入門』を売りに来た男の妻だと名乗り、大輔が見ている前で、本を強引に持ち帰ってしまう。

 本を売りに来たのは男であって、彼女ではない。栞子に窘められた大輔は、本を取り返さなければ、と店を出ていくが―― 

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 STAFF

 原作 : 三上延
 脚本 : 相沢友子
 音楽 : ☆Taku Takahashi(m-flo / block.fm)&ARTIMAGE CREW

 CAST

 篠川栞子  : 剛力彩芽
 五浦大輔  : AKIRA
 志田肇    : 高橋克実
 藤波明生  : 鈴木浩介

 坂口昌志  : 中村獅童
 坂口しのぶ : 佐藤江梨子
 内山     : 遠藤要

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 3話目からの視聴ですが、途中からでも、さほど支障なく見られる内容でした (*´∇`*)

 謎の部分もわくわくしましたが、その中で描かれている人間ドラマがとにかく良かったです。

 テーマは、優しい嘘……でしょうか。互いの愛情が感じられて、ラストで、じん……ときました。

 私は原作未読なので、原作通りなのかは分からないのですが、原作を読んだ弟は、細かいところが変わっていて、原作とは全くストーリーの印象が違う……と言っていました。

 原作と比べてみると、面白いかもしれませんね。
 機会があれば、読んでみようと思います060.gif

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2013-01-29 23:57 | ドラマ

相棒 season11 第12話 『オフレコ』

 録画してあった相棒を実家で観てきました (*^_^*)

 2013年1月16日(水)放送分で、

 相棒 season11
 第12話 『オフレコ』


 です060.gif

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 恋人である悦子の協力を得て、享がセッティングした合コン……そこに、米沢、伊丹、芹沢、角田の面々が参加した。お相手は、悦子のCA仲間とその友人。しかし、男性陣はうまく話を弾ませられず、場は微妙な雰囲気に……。せっかくセッティングしたのに、と享は苦虫を噛み潰したような表情を浮かべる。

 そんな中、伊丹と悦子のCA仲間の友人だという山根みちるが、いい雰囲気になっていた。二人は合コンの後も、別の店へと消えていく。

 翌日、夕刊紙のデイリー東和にすっぱ抜かれた記事で刑事部は大混乱。記事に書かれた内容は、捜査一課が掴んだばかりの情報だったのだ。

 伊丹は慌てて特命係へ向かい、享にみちるの素性を尋ねる。享は知らないと答えるが、後に、彼女が記者だということが分かる。もしかしたら、伊丹がみちるに情報を漏えいした可能性があるというのだ。

 狼狽する伊丹と共に、右京と享も事件の真相を調べ始めるが――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 STAFF

 脚本 : 戸田山雅司
 監督 : 近藤一彦

 CAST

 杉下右京   : 水谷豊
 甲斐享    : 成宮寛貴
 笛吹悦子   : 真飛聖
 甲斐峰秋   : 石坂浩二
 伊丹憲一   : 川原和久
 芹沢慶二   : 山中崇史
 角田六郎   : 山西惇
 米沢 守    : 六角精児 

 山根みちる  : ともさかりえ 

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 アリスに引き続き、今回のお話も面白かったです!!

 今度公開される映画を踏まえてなのか、伊丹さんに焦点が当てられていて、彼のキャラが凄くたっていました。

 こんなにドジなキャラだったっけ?? と思うくらいに、目立っていました(笑)

 特に、車を揺らすシーンに笑ってしまいました。

 いやはや、これからも、もっといっぱい絡んできて欲しいですな…… (*´ψψ`)

 ストーリーは複雑ではないのですが、伊丹さんの人間味溢れるキャラクターを中心に描いていて、凄く面白かったです (*´∇`*)

 

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2013-01-23 19:51 | ドラマ

相棒 season11 第11話 元日スペシャル『アリス』

 録画してあった相棒を一緒に観よう、と母から連絡が入ったので観てきました (*´∇`*)

 元旦の時にやっていたスペシャルで、

 相棒 season11
 第11話 元日スペシャル『アリス』


 です060.gif

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 1955年、12月24日――早蕨村で一人の少女が失踪した。失踪した少女の名は瑠璃子、橘・元子爵の令嬢だ。失踪する直前まで一緒にいた早蕨ホテルの令嬢・二百郷朋子は、森の中を必死に探すも、瑠璃子を見つけることは出来なかった。

 そして、2012年12月24日――75歳になった朋子は、謎の言葉を残して息を引き取った。

 『雛菊じゃなかった。茜が危ない。あの子を助けて……』

 茜は朋子の姪孫にあたる。朋子はいまわの際に、なぜ茜の身を案じたのか。朋子の残した言葉が気になった弁護士の石川は、朋子とは旧知の仲である杉下右京に連絡する。

 早速、右京と享が茜の住む二百郷家の屋敷へ赴くと、空き巣に入られたと騒ぎになっていた。

 朋子の悪い予感は的中していた――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 STAFF

 脚本 : 太田愛
 監督 : 和泉聖治

 CAST

 杉下右京   : 水谷豊
 甲斐享    : 成宮寛貴
 笛吹悦子   : 真飛聖
 甲斐峰秋   : 石坂浩二

 二百郷茜   : 波瑠
 橘瑠璃子   : 広瀬アリス
 二百郷朋子 : 酒井和歌子
 二百郷朋子 : 上間美緒
 (少女時代) 
 石川哲雄   : 遠藤たつお
 柴田久造   : 中原丈雄
 宮島加代   : 藤田弓子
 遠野弘明   : 滝藤賢一
 大石真弓   : 松本若菜

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 瑠璃子嬢の失踪から始まるミステリーで、とても面白かったです!!

 随所に伏線が貼られていて、わくわくしながら観ました。

 この時代特有の叙情詩的な少女たちの雰囲気も好きです053.gif

 また、タイトルが示す通り『不思議の国のアリス』の挿絵が登場します(`・ω・)キリッ
 名シーンである狂ったお茶会です。この挿絵が示すものは……。 

不思議の国のアリス

 ルイス・キャロル著の『不思議の国のアリス』は、ゼミで取り上げられて原書でも読んだので、とても思い入れがあります。あの奇妙な世界観が楽しくて、アリスがモチーフのお話と言うだけでも、ワクワクしちゃいます(*´∇`*)

 結末は切なかったけれど、最後もちゃんとアリスを使って終わるのも良かったです060.gif

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


お返事はこちら

by hiiragi-rikka | 2013-01-16 23:02 | ドラマ