ゴミ捨てにて……(何

 これは、職場でのお話……

 給湯室での洗いものから帰ってきて、ゴミ集めをしようとした時のこと。

 小さなゴミ箱が事務所の三か所にあるので、いつも就業時間の終わりに、中身を一まとめにしちゃいます。

 まずは、私と所長の席の間にあるゴミ箱から……

 中を覗いてみると、ほぼ空でした。

 ほぼ、というのは……ゴミ箱の底に、ちっちゃなストローの透明袋が貼りついていたからです。

 私はその小さなゴミをべりっと剥がして、次のゴミ箱へと向かいましたが、

 数歩あるいてから、「あれ?」と思いました。

 洗いものへ行く前は、ゴミがもっさり入っていた筈なのです。

 は……!! 所長が捨ててくださったんだ!!

 そう、思い至った直後。

 所長
 「朔雲さん……今日のゴミ、ストローのゴミだけだと思ったの? * ̄3 ̄」

 私
 「(きゃー!!!!!;>∀<) いえ、ありがとうございます(;`・ω・)」

 所長
 「ねぇ、俺の捨て方気に入らなかったの?* ̄3 ̄」

 うわーん、許してください……
 (;ω; ))ワルギハナカッタノ(( ;ω;)



 >拍手
 ありがとうございます!!

by hiiragi-rikka | 2013-02-13 23:06 | 日常