らせん

 『リング』に続いて観ました (ノ^-^)

 続編の『らせん』です。

らせん (Blu-ray)

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 解剖医・安藤満男は、息子を死なせてしまった自責の念に駆られる日々を送っていた。

 そんなある日、彼は変死した元同級生・高山竜司の解剖を担当することになる。竜司の身体を解剖した安藤は、胃の中から謎の数字が書かれた紙片を発見する。学生の頃流行っていた暗号を思い出し、安藤は解読を試みた。そうして浮かび上がったのは<PRESENT>の文字。

 そして、安藤は竜司からの<PRESENT>を受け取るのだった。竜司を死に追いやった、あの呪いのビデオテープを――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : らせん
 製作年    : 1998年
 製作国    : 日本

 STAFF

 監督   : 飯田譲治
 助監督  : 浜本正機
 脚色   : 飯田譲治
 原作   : 鈴木光司
 音楽   : ラフィンカ

 CAST

 安藤満男   : 佐藤浩市
 高野舞     : 中谷美紀
 高山竜司   : 真田広之
 浅川玲子   : 松嶋菜々子
 宮下      : 鶴見辰吾
 吉野      : 松重豊
 山村貞子   : 佐伯日菜子

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 『リング』と同時上映された、『リング』の続編です。

 『リング』は淡々とした地味なホラー(良い意味)でしたが、『らせん』は、淡々とした空気を引き継いだまま妖しい色っぽさがありました。

 未知のウィルスの存在が明らかになったりと、医学的な側面から入っていくホラーで、オカルト的な怖さではなく生々しくリアルな……ホラーというよりはサスペンス色が強かったと思います。

 私はどちらかというと『リング』の方が好きですが、『らせん』も謎を追っていく過程が濃厚になっていて楽しめました (*´∇`*)

 最後に観終わって一言……

 『 貞子コワ~っ!!!!∑(゚▽゚*) 』

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★




 >拍手
 ありがとうございます!!

by hiiragi-rikka | 2012-10-16 15:48 | 映画