プテラノドン

 最近モンスター映画ばかり観ていますが、今回は恐竜ものです(`・ω・)

 "PTERODACTYL"、邦題もそのまま『プテラノドン』です。

プテラノドン [DVD]

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 物語紹介 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 古生物学者のマイケルは、大学の教え子たちを引き連れてティナラ山へ向かう。地震によってジュラ期の地層が現れたとの情報を得たので、その調査・研究の為である。

 しかし、彼らがそこで見たものは絶滅した筈の古代生物、プテラノドンだった――

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 作品情報 ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★

 DATA

 原題      : PTERODACTYL
 製作年    : 2005年
 製作国    : アメリカ

 STAFF

 監督 : マーク・L・レスター
 製作 : ダナ・デュボフスキー、マーク・L・レスター
 脚本 : マーク・セヴィ
 撮影 : ジョージ・ムーラディアン
 音楽 : ジョン・ディクソン

 CAST

 マイケル    : キャメロン・ダッド
 ケイト      : エイミー・スローン
 ベルゲン大尉 : クーリオ

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★ 感想など ★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★


 ラスト付近のネタバレあります!!(^^

 大学教授に生徒たちですが……驚くくらいに魅力的な人物がいません ∑( ̄▽ ̄
 最後まで、誰が主人公か分かりませんでした……(爆)

 彼らが調査に向かった先は、丁度米軍の特殊部隊とテロリストが抗争を繰り広げているところで、なんやかんやで合流することになります。

 そしてこの特殊部隊云々の設定ですが、全く必要性が感じられません (ノ≧▽≦;)

 そしてこれまた唐突に、最後の方で妙案を思い付きます。

 『そういえば、来る途中に羊がいたな』

 羊……?

 そんな描写は全くありませんでしたが(私が見落としてなければ)、何処から連れてきたのか次の瞬間羊を既にゲットしていました(早っ

 ロープの先に羊をくくりつけて、それを重しに崖から崖へとロープを張ります。そしてそのロープを伝って渡っていくのですが……

 一緒に見ていた母上と弟の会話です。

 母
 「え、だって羊だよね。ロープがピンと張っているのはどうして……?」

 弟
 「……すごく重い羊なんじゃない。それかどっかに引っ掛かってるんだよ(笑)」

 確かに、全くをもって不思議です(*´ψψ`;)

 突っ込みどこが多い作品でした((((^^ それでも、『メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス』に比べたら生ぬるいかもしれません(ノ≧▽≦*)

★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★゜・。・゜゜・。・゜★




 >拍手
 ありがとうございます。

by hiiragi-rikka | 2012-07-24 02:24 | 映画